長福寿寺と鵜原理想郷

いつもルート、九十九里波乗り道路を途中で下り茂原方面へと向かう。今日は久しぶりにいい天気だ。最近は天候も不順で予報も当てにはならないが、今日は風も無く穏やかな時が流れている。ツーリング日和とでも言おうか、いや持って来いの日和と言っておこう。バイクを止めると日差しが暑い。

まず最初に寄ったのは長南町の長福寿寺、吉ゾウくんのお寺である。結構有名なお寺らしくテレビにも何度か取り上げられている。この吉ゾウくんはどんな願い事でも叶えてくれるらしい。お寺の建物の前に2体、まだ真新しい石象が鎮座している。まだ新しすぎて威厳が足りないが、足を撫でれば必ず金運増大と言うことだ。

IMG_2903b

また紅花の長福寿寺でもあるらしい。ホームページを開設していてイベントなども詳しく載っている。 www.choufukujuji.com で見てみるといい。

ここに来てまず最初に気になったのは、境内の左に生えている不思議な木のことである。なんだこれは?と思わせる様相をしており、説明を読むと「けむりの木」と言う名前である。なるほどモクモクと煙が舞っている様に見える。原産は中国で、中国からヒマラヤに掛けての岩山に生えており、まだ謎の多い木でもある。

IMG_2897b

IMG_2899b

IMG_2900b

IMG_2901b

お寺のホームページを見ると、このお寺は日本一長い勅号(お寺の名前)を持つ寺院でもあるようだ。名前は「三途河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊太平埜山本実成院長福寿寺」である。漢字変換がなかなか出てこない。「さんずがとう ごくらくとうもん れんげだいじょう あみだぼう たいへいやさん ほんじつじょういん ちょうふくじゅじ」と読む。

境内には手作り感が漂う物品が多数置かれている。それはNPOが支援しているお寺であるからだ。手を入れなければどんどん寂れていって、そして消えてしまう世の中だから、このような人達によって守られているのだ。

まだ十時だというのに、日差しが強いので頭のてっぺんが焦げそうだ。お寺を出て、茂原の山道、大多喜の山道をひたすら走る。いつも思うのだが緑が綺麗だ。自然とはなんとすばらしいことかと感銘する。千葉県に住んでいながら今頃千葉の良さを感じてきているのは年のせいか。

次に向かったのは勝浦の鵜原理想郷だ。ここには大分昔に来たことがあり、最初見た時は「ここは日本か?」と感動したのを覚えている。あの頃はまだ人も余り入っておらず自然そのものであったが、あれから時は過ぎ、人の出入りも増え、昔のイメージはもう無い。それでもまだまだ綺麗な海岸であることには間違いない。

鵜原理想郷への入り口に差し掛かると、私有地であることの立て看板がある。いろいろ能書きは書いてあるが、車以外は入って良いらしい。観光地とするのなら私有地として拘束されるのはあまり気分がよろしくない。でもそこを通らねば目的地に行けないので入ることにする。坂道、トンネル、石段、山の中を歩いて行く。なるほど私有地らしくある意味閑散としている。私有と公有が入り交じっているようで、はっきりしない。観光地として余り売り出したくはないのだろう。しばらく坂道をくねくね登って行くと見晴らしの良い場所に出た。先端に立つと風も無く穏やかな太平洋が眼下に拡がっていた。 与謝野晶子も愛したと言う鵜原理想郷である。

IMG_2917b

IMG_2919b

平和の鐘?手弱女平(たおやめだいら)の鐘IMG_2911b

 かつうら海中公園海中展望塔が左に見えるIMG_2906b

 IMG_2910b

 トンビがくるりと輪を描いたIMG_2922b

IMG_2928b

 ヤマユリの大きな花が咲いていたIMG_2941b

 IMG_2943b

 


 

※画像をクリックすると拡大表示します

 

バイクで「さくらの山」

(2014年初夏の頃の話)
 今日、偶然にも娘と休みが一致したので又タンデムで「さくらの山」へ行くことにした。「さくらの山」(成田空港展望施設)へ行のは五ヶ月ぶりのことだ。通常の幹線道路は避け、裏街道、むしろ裏山道と言うべきか、人通りの少ない田舎道を走る。カーブあり起伏ありのライダーにとっては楽しいコースである。日当たりの中を走ると腕や背中が燃えるように暑い。もう夏なので半袖シャツでのライディング。腕にもろに太陽の熱が当たる。暑い。腕は既に真っ黒である。その熱い日差しの中を走行していると急に木立の中の薄暗い道へと入り込む。その中はひんやりしていて寒いくらいである。こんな温度差を感じるのはやはりバイクであり、車ではとうてい感じられない世界である。走行中でも暖かい風に吹かれたと思いきや、急に冷たい風にぶつかる時がある。自然とは一様ではなく、目には見えないがいろいろな風が入り乱れているのだ。そして常に変化しているのだなと感じる。
 40分ぐらい走行すると、B滑走路展望施設、しののめの丘(十余三東雲の丘)に到着する。まずはA滑走路の前にB滑走路を見て見たかったのだ。結構な人が出ている。ここは新しく出来た展望所で駐車場も広い。だが残念なことにトイレがない。今時、小さな公園にもトイレぐらいはあるのに、なぜかここにはない。ジュースの自動販売機は設置されているのに、トイレがない。市の担当者は何を考えたのか、考えなかったのかは解らない。設備の作りは一般的であり、ここに訪れるのはマニアが多いだろうことを解していない。展望所は高台に設置されていてフェンスに囲まれている。フェンスの高さは1.2m位であろうか。所々にカメラレンズ用の小窓が切られている。この場所にこの小窓は不自然で、いかにも素人っぽい設定である。そして南側を望むと滑走路全体が見えるのだが、目の前のちょうど良い位置に高圧電線が視界を分断する。視界の左端で地下へと埋設されているのだが、電線が非常に邪魔である。左端とはそこはもう滑走路であり、展望施設と滑走路との間に道路があり、その道路は滑走路の下をトンネルで繋いでいる。電線が20mぐらい手前から地下へと入ってくれれば、視界としてはベストであり、集客力も大幅に上がると思われるのだが、どうやら目的は違うところにありそうだ。展望所左方向は滑走路の起点。残念ながらここにも障害物が建っている。背の高い壁、防音壁だろうか、何かを隠すための壁なのか。余り意味のないように思われるが、何かの目的で設置されているのだろう。前回来た時よりも発着機の数が多い。ほとんどLCCであるが、B滑走路の使用は増えているようだ。その間、A滑走路からの発着機の音が聞こえない。B滑走路は増えたがA滑走路は減ったのか。4月から多くのヨーロッパ便が成田から羽田空港に移ったと聞いているが、現実としてどうなんだろうか。
 A滑走路の現実を見るために「さくらの山」に移動する。「さくらの山」、ここもLCCが多く、以前と比べると何だか地味である。一番びっくりしたのが、飛び立つ飛行機、着陸する飛行機の種類が圧倒的に少ない。目の前にはLCC、東方航空、アシアナ、DELTA、う~む、やっぱりヨーロッパ系はいない。皆無と言う訳ではないが、3月と比べると圧倒的に少ない、と言うかやはりいないが正解であろう。時々アリタリア航空が飛ぶ。JALもANAも時々飛ぶ。以前は7割ぐらいはJALとANAだったような気がする。初春の頃は、エールフランスのA380やタイのA380が飛んでいた。いつも見学の終わりの区切りとして、ルフトハンザのA340を見てから帰った。今は地味な飛行機ばかりで区切りが付かない、おもしろくない。さぞかし羽田は賑やかなんだろうな、と思いつつ帰路についた。途中で食べたメンチとコロッケがおいしかった。

IMG_0068b IMG_0072b
IMG_0083b IMG_0097b
IMG_0111b IMG_0116b

 


 

※画像をクリックすると拡大表示します